なぜ骨盤を矯正すると痩せるのか

骨盤ダイエットは簡単に痩せられる。
こうした文言を聞いて疑問を感じた人はいませんか?
数々のダイエットを試したけれど痩せることが出来なかったという人の多くは、その仕組みを理解していないことが原因と考えられます。

 

メカニズムがわかっていれば、ダイエットの方法が正しいかどうかも判断しやすいのです。
今回は、骨盤ダイエットをより効果的にするために仕組みを理解していくことにしましょう。
骨盤は脊柱の一部をはじめとしたいくつかの骨が組み合わさったもので、上半身と下半身の間で横たわる盤として機能しています。

 

下半身の筋肉と上半身を繋ぎ、よりスムーズな動きをアシストする、背骨や太腿の骨など身体を支えるうえで重要な部位の土台として筋肉をサポートする、内臓を保護するなど、直接は実感しにくいながらも私たちの身体には欠かせない役割を務めているのです。
この骨盤は不自然な姿勢を長年続けるといったことが原因で歪みが生じると、様々な悪影響をもたらします。

 

骨盤は筋肉を支えているものですから、これが歪むと筋肉が正常に動かなくなり筋力も衰えます。
筋力の衰えは代謝の悪化を招き、痩せにくい身体になってしまうのです。

 

さらに、歪んだ骨盤は内臓を圧迫します。
内臓が圧迫されると血行不良に陥り、リンパの流れや腸の働きを阻害してしまうのです。

 

その結果、全体としてむくんだもっさりとした印象のシルエットに変わっていきます。
骨盤ダイエットはトレーニングやグッズを用いて骨盤を矯正し、上記のような骨盤の不調による体型の変化を正そうという試みです。
骨盤の歪みが感じられるという人は、骨盤ダイエットに挑戦して健康で美しい肉体を取り戻しましょう。

 

 

ストレッチで骨盤ダイエット

骨盤の歪みから来る様々な体調不良の中でも、特に皆さんを悩ませるのが体型の変化です。
骨盤は内臓を守る働きを持っていますが、これが歪んでしまうと内臓そのものが圧迫され、ぽっこりとしたお腹に変化します。
締め付けられた内臓は血液循環に支障を来たし、冷え性やむくみといった症状が現れるのです。

 

骨盤の歪みを正すことは、少なからずダイエットとしての効果も期待出来ます。
とはいっても、ダイエットの定番である激しい運動やカロリー制限では骨盤の歪みを矯正することは困難です。

 

骨盤を矯正するにはストレッチで自分の身体と向き合うことから始めましょう。
そのお供としてご利用いただきたいのが、バスタオルをクルクルと巻いたものです。
これを腰の下に敷くことで、骨盤を効果的に刺激することが出来ます。

 

まずは、巻いたバスタオルを背中に置いて仰向けになりましょう。
置く位置はおヘソの反対側です。

 

次に、両腕を頭の方に伸ばして指をくっつけます。
両足もピンと伸ばしながら、親指同士が触れるように八の字の形に足首を曲げてください。
背中からお尻にかけての筋が引っ張られるような感じを受けたら、そのままの姿勢を維持してください。
目安としては1分ほどです。

 

これを数回繰り返したら、今度はバスタオルを背中から抜き取りましょう。
続いてのステップは下半身の側から骨盤を矯正します。
仰向けの状態から片方の膝を曲げて胸の前に持ってきます。
膝を両手で抱え、自分の身体に密着させるような強さで抱きしめましょう。

 

このとき、反対側の脚は床と膝裏が離れないように気を付けてください。
1分経ったら今度は反対側です。
脚の付け根の筋肉をしっかり伸ばすイメージを持つと、骨盤がほぐれていきます。

 

更新履歴